忍者ブログ
株式投資の黄金律2
株式で資産運用しながら気付いたこと、いろいろ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「株式投資の黄金律2」の株太朗です。

きょうは「リスク分散」についてです。

株への投資には、必ずリスクがあります。

しかし、リスクを恐れていてはもうける事はできません。

リスクをいかに分散させるかが重要なことです。

超初心者は、いきなり目標達成を求めますが、まずはリスクヘッジが重要なことです。

まずは目標達成を求めるよりも、リスクヘッジするのです。

リスクヘッジをしながら、だんだんとみなさんに合ったトレードの手段を見つけましょう。

【お知らせ】

株への投資で目標達成した、新山恵利子さんがそのノウハウ【株式投資ゴールデンルール】を200名限定で公開中です。

負けばかりしていたわたしでももうける事ができる様になった手段です。
PR
株太朗です。

きょうの「株式投資の黄金律2」は「スワップポイント」です。

スワップポイントとは、主にFXで使われる用語です。

スワップポイントとは、金利の低い国の通貨と金利の高い国の通貨とを交換することで、その金利差を調整する金利調整のことをいいます。

通貨の売買でもうけるだけでなく、スワップポイントでもうけることができるのも、FXの魅力のひとつです。

ただし、逆の金利の売買を行うと逆に差し引かれてしまうので注意が必要です。
「株式投資の黄金律2」の株太朗です。

きょうは「成行注文」です。

成行注文とは、文字通り成り行きで注文する売買の手段です。

成行注文はプライスオーダーとも言います。

この手段は、みなさんが売買したいと思った時に金額の指定をせずに注文する手段です。

ですから、すぐに売買したい時に行う売買の手段です。
「株式投資の黄金律2」の株太朗です。

きょうの「株式投資の黄金律2」は「トレードの基本」です。

トレードには色々な手段があります。

しかし、どのトレードも基本的にはすべて同じです。

トレードした金額よりもリターンが多くなれば良いのです。

しかし、しっかりと知識やテクニックを学ばなければ、トレードではなく単なる出費になってしまいます。

でも恐れる事はありません。

基本を身につけ、身の丈に合ったトレード手段のスタンスを確立させれば、株はみなさんの武器になります。

みなさんが気になったトレード手段を見つけたら、とりあえずやってみる事を注目します。

試行錯誤はみなさんの今後に必ず役に立ちますから。
株太朗です。

きょうの「株式投資の黄金律2」は「信用売買」です。

信用売買でも現物売買でも基本的なトレードの手段は安く買って高く売る事です。

ですが、信用売買の注意点は2つあります。

1つは、レバレッジが利かせられる事。2つ目は6ヶ月という期間が決められている事です。

ですから、基本的なトレード手段は短期でのトレードになります。

また、売買の間の金利も発生します。

ですから、信用売買では、現物株売買よりも短期的な考え方が重要なことです。
[1] [2] 次のページ
- HOME -
忍者ブログ
[PR]
最新記事
Youtube 動画
↑↑ 動画が見れるよ ↓↓
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
プロフィール
HN:
株太朗
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1965/06/26
職業:
会社経営
趣味:
株式投資、ブログ
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア